pagehead-intro

introduction

『Me,too』(ひとみずむ1-4)は、ライフコーチである私(堀口ひとみ)とのセッションを通して、クライアントの人生がどう変化していったのかを綴ったドキュメンタリーである。
物語の制作は、有志のクライアントが書き、私が原稿の編集をしている。現在までに、60編の物語が発表されている。

ME TOO (Hitomism1-4) is a documentary about how my (Hitomi Horiguchi) clients have changed their lives through life coaching.It is written by my clients and I have edited the manuscripts. 60 essays have been written over 5 years.

『ひとみずむ』が始まったきっかけは、2008年夏のこと。私は、コーチングセッションを通してクライアントが変化した物語を作ることを思いつき、クライアントも参加してくれるといいなと願ったことからだった。
ある日、クライアントに話したところ、「だったら、私、書きましょうか?」とあっさりと承諾。1週間のうちに『ひとみずむ1』が完成した。

Writing Hitomism started in summer 2008. I came up with an idea for making essays about changing clients’ lives through my coaching sessions and I hoped that clients could help writing that.
One day, I told one of my client about that and then, the client said instantly “Sure, I will write it!” Hitomism1 was completed within a week.

「ひとみずむ1」は、こんな風に始まる。

今回、「ひとみずむ」を書くにあたり、タイトルは「ひとみずむ①」と、あえて①をつけることにしました。今後、②③④⑤…と、どんどん激変した方たちの「ひとみずむ」が後に続くはずですから…。

The opening of Hitomism1 is like this…

As I write Hitomism, I dare to put the title
Hitomism1 because Hitomism 2,3,4,5…. must continue to be written by those who have suddenly changed their lives.

そして、変化のストーリーは、毎年書き継がれることになった。
それぞれの物語には、誰もが心当たりがあるけれど、なかなか他人には相談できないような悩みや迷い、セッションでの気づき、行動の変化が描かれている。

From there, it is handed over to other clients.
Each story is expressed about problems that are difficult to talk about to others and how they had breakthroughs and changed their behavior.

「自分はこのままでいいのだろうか?」──誰もが抱くふとした迷い。

『Me,too』には、実際のセッションで投げかけられた問いや、異なった角度に光を当てる視点が、そのまま息づいている。クライアントたちの葛藤は、日常で経験されるようなものであり、どこまでもリアルである。

“Is this really what I want in my life?”
“Do I want to stay the same in the future?”

Everyone may feel uneasy, so ME TOO can be seen as a way to focus on different angles and cause them to become aware of themselves. Mental conflict is experienced in daily life. So it is real.

自分だけの答えを見つけたいあなたに。
『Me,too』は、あなたの心にそっと寄り添い、よりよい未来へと導いてくれることだろう。

For those who want to find answers by themselves, ME TOO will be in your heart and lead you towards a brighter future.

fb_icon